2008年12月31日

2008年労働問題

イースリーパートナーズ社労士事務所です。

本年中は大変お世話になりありがとうございました。
一緒に仕事をしていただいた方、我々の仕事はいかがだったでしょうか?今、今年を振り返って反省をしているところです。来年になれば、この反省を大いに生かして、少しでも満足いただけるようにどうすればよいかを考えていきたいと思います。

さて、今年は年金問題に始まり、リーマンショックからくる不景気、それに伴う派遣問題、期間、雇用者の問題等の雇用不安が大きくクローズアップされています。我々社会保険労務士にとっては、直接関係ありそうなことばかりですが、あまり関係ないというか、プチ関係というか、同業者であればわかってもらえるかもしれません。

マスコミでは、労働者側の立場から問題を取り上げる場合が多いので、私は経営側からこの問題を考えてみたいと思います。
期間雇用者については、契約期間の途中で契約を解除することはともかく、経営上に問題が起こった場合、契約期間満了によって、期間雇用者との契約を更新しないことは、当然なことであり法違反でもなんでもありません。派遣労働者についても派遣切りと言われていますが、同じく出す。なぜなら、景気の変動等がおそってきた場合に、雇用調整できるようにわざわざ期間の定めある労働契約を結んでいるのからです。つまり何だかんだといっても雇用調整要員なのです。
ただし、まだ不景気は入り口であり、これからは正社員に対してもリストラが始まるでしょう。そうなれば、この議論は吹っ飛んでしまうかもしれませんね。裁判例は正社員を整理解雇や賃金カットする前にパートや契約社員から辞めていただくことをほぼ認めています。ただし、整理解雇に関する最高裁の裁判例はありません。
また、労働組合もニュース等を見ていると、以前は労働組合の問題としては存在しなかったものばかりを取り上げているように感じられます。もともと正社員の労働条件をあげることが最大の関心事でありましたから、正社員の解雇を考えるときなど、組合はパートや契約社員を契約解除して、正社員には解雇をしないようにと正社員の雇用を守ってきたのですから。また、話がそれますが、春闘の方針で、賃金アップをいっていますが、私は違和感を大いに感じています。雇用を守ることが最大のテーマであり、それに絞るほうか効果的ではないでしょうか?

それでは、期間雇用者を含めて解決策はあるのかを考えていきたいと思います。

最重要ポイントは、正社員賃金表の大幅改定です。
現在の賃金表は高すぎます。
成果主義へと変わっていったのではないですかって?それはもとある賃金をベースに変わっていったのだから、高いことに間違いはありません。なぜ高いかって?それは、もともと世帯ベースで女性は働かないものとして一家の大黒柱が働いて家計全員が生活することを前提に作られたものだからです。詳しいことは書きませんが、この高すぎる賃金を抑えない限り、期間雇用者の問題は解決できないのです。
ただし、この賃金の減額は同意などとれっこないので、就業規則の不利益変更の問題として考えることになります。そして、この問題に関しても経営側は負けると考えられますので、簡単にはいきません。私は、現在どうすればこれを解決できるのか、日夜考えに考えています。
現在のままでは、企業は期間雇用をますます、雇用調整要員として考えていくことになります。また、派遣法を改正して法で派遣労働者を守ろうとすれば、派遣労働者にとって働くこと自体がますます狭き門となるのではないでしょうか?

年越しそば
posted by イースリーパートナーズ at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

今年もあと僅か

社労士のMです

今年も残すところあと僅かとなりました。

12月は毎年、仕事もプライベートも大変あわただしく
日々が過ぎていきます。

12月になると
来年こそはもっと早くから計画を立てて、何事も早く取りかかり、
効率よく過ごしたいと思うのですが今年もまたあたふたしていますあせあせ(飛び散る汗)

雑誌やテレビで紹介されていたのですが、
仕事ができる人や勉強のできる人はノートがきれいで、
スケジュール帳に挑戦したいこと・目標・夢等を記入して、
それができているか振り返るとかexclamation×2

私も来年のスケジュール帳は予定を記入するだけでなく、
目標も書いてみようかと考えてます。
まず、最初の目標は≪目標をスケジュール帳に書く≫でしょうかわーい(嬉しい顔)

最後になりましたが今年もたくさんの方に支えていただき、
無事に1年を終えられます。
1年間、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
posted by イースリーパートナーズ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

労働時間と残業代

イースリーパートナーズ社労士事務所です。

労働時間と残業代について「なぜ、未払い賃金が発生するか」について考えます。

休日労働無視しているケースです。

土曜日に適当な時間に適当に出てきて、適当な時間仕事をして帰る場合や、土曜日に社員の研修を行っている場合に、休日出勤手当又は時間外残業代が支給されない場合を見受けます。土曜日が法定休日以外の休日の場合は、労働時間として換算しその結果1週40時間を超える場合は、時間外割増賃金を支払う必要があります。また、割増だけではなく働いた労働時間に対する賃金も支払う必要があります。通常の労働時間制度の場合は、6日連続出勤している場合に注意が必要になります。
この場合はある程度の対策ができると考えられます。

イースリーパートナーズ社労士事務所
posted by イースリーパートナーズ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

派遣社員の解雇

社労士のMです。

毎日暗いニュースばかりですが、最近特に目立つのが
派遣社員の解雇です。

大企業では派遣社員を何千人と解雇しています。
不景気になると非正規雇用者の方からまず解雇されてしまいます。
解雇されることにより、社員寮を追い出され、住居まで失う方が
たくさんいらっしゃるようです。
住居に関しては、生きていくうえで大切なものですので
国は雇用促進住宅への入居を募集したり、国も解雇した社員に
社員寮を使わせる事業主に対して、助成金を支給すると発表しています。
各都道府県でもいろんな対策を打ち出しているようですが、
まずは住居等の最優先事項の対策で雇用対策までは至っていないのが
現状のようです。
posted by イースリーパートナーズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 派遣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

労働時間と残業代

イースリーパートナーズ社労士事務所です。

労働時間と残業代について「なぜ、未払い賃金が発生するか」について考えます。

事業場外みなし労働時間制等のみなし労働時間制の誤った運用を行っているケースについてです。

事業場外労働で実務上一番問題になるのが、たとえば、外回りをした後に15:00ごろに帰社し、終業時刻18:00を超えて22:00まで残業しているようなケースです。
このような場合に労働基準監督官の立入調査(臨検)が行われた場合、次のように労働時間を算定されるケースが多いと考えられます。
@ 「所定労働時間(8時間)労働したものとみなす」と規定されている場合
所定労働時間+4時間(内勤)=12時間
A 「通常必要な時間(9時間)労働したものとみなす」と規定されている場合
業務外みなし9時間+4時間=13時間

イースリーパートナーズ社労士事務所
posted by イースリーパートナーズ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。