2008年12月01日

労働時間と残業代

イースリーパートナーズ社労士事務所です。
労働時間と残業代について、「なぜ、未払い賃金が発生するのか」について考えます。

「固定残業代を支払っているが実際はそれ以上働いている」というケースが考えられます。
固定残業代として「営業手当」などの名目で残業代を支払っていますが、その額が実際の時間外残業代に比べて少ない場合がこのケースです。固定残業代は、就業規則や給与規程に時間外残業代相当分であることを明示してあれば、有効なものと考えます。ただし、これを超える時間外残業を行ったにも関わらず、その時間外残業代が支払われていない場合は、未払い残業代となり、残業代の上限設定していることと実質的に同じことになります。
固定残業代を超えた時間分の時間外残業手当は別途支払う必要があり、これが支払われていないケースでよく労働基準監督官の指導(是正勧告)を受けているようです。
単に見直すだけでなく、賃金体系も含め、総額人件費(年収ベース)の観点から見直し、就業規則(給与規程)に規定する必要があります。

イースリーパートナーズ社労士事務所
posted by イースリーパートナーズ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。