2009年01月01日

2009年

あけまして おめでとうございます。
本年も何とぞよろしくお願いします。

本年は、4月に改正労働基準法が施行され、また労働者派遣法も改革されます。
それらに伴って、人事労務政策含め企業としてどのように対策をしていくのか道筋をもう一度見つめなおす年であろうと思われます。
経済全体が悪くなり、不景気であることは見えていますが、そのような中で是非とも基準においていただきたいのは、従業員の生産性と安全と健康です。
過去不景気になると人員削減等を行い、残った者にしわ寄せがきて結果長時間労働になるということが繰り返してきましたが、安全と健康を守る立場から、長時間労働させられない、それであったらワークシェアや逆に労働時間短縮を考えざるを得ない。その安全と健康を普段からとことん考えている会社は、それに伴う賃金の比例減額もやむを得ないということになるのでしょうか?
それでも、「私は時間に縛られずに思い切って働きたいんだ、いい仕事をしたいんだ」→こういう方については、是非会社は幹部候補として大切にしてください。

さて、私自身は、今年の決意を持続していくことをテーマにしたいと思います。毎年、毎年今年は「このようにあろう」と考えるのですが、日が経つにつれ、薄まっていき、また同じような決意をしているのではないかと思います。つまり、持続できていない=自分のものになっていないということです。目標管理制度と同じく毎年目標はアップしていかなければならないと考えますが、身についていないため毎年同じ目標になってしまっているということでしょうか?

本年も何とぞよろしくお願いします。
posted by イースリーパートナーズ at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。