2008年12月03日

私傷病による休職

社労士のMです。

≪私傷病による欠勤が一定期間続いた場合に休職扱いとする≫
という規定を設けられている事業主の方も多いと思います。
私傷病休職は解雇猶予措置といえます。
その休職について、最近よく問題になってきているのが
休職・復職を繰り返すような疾病の場合です。
例えばうつ病や生活習慣病ですがこれらの疾病は
再発することが少なくありません。
休職・復職を繰り返す従業員を解雇にすることはできますが、
裁判でも≪通常の労務提供ができない≫ことが証明できないと解雇が無効になっている例があります。
復職要件としての治癒の可否は原則会社側に立証責任がありますが
その判断は難しいものが多いです。
繰り返しの休職は事業主には大きな負担となりますので、それを防ぐ就業規則の作成が必要です。
posted by イースリーパートナーズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。