2008年10月13日

労働時間と残業代

イースリーパートナーズ社労士事務所です。
なぜ、労働時間に絡む労働基準監督官の是正勧告等が多いのか順に追って見ながら、就業規則作成のヒントにしたいと思います。


このような場合が多いのではないでしょうか?

このような問題は、ぜひイースリーパートナーズ社労士事務所にご相談ください。

・就業規則の文言が「第○条に規定する所定労働時間を超えた場合は、時間外手当を支給する」というような内容になっている
・時間外残業代は給与の中にトータルで含まれていると考えているが規定や書面の合意がない
・年俸制なので時間外残業代も当然含んでいるあるいは含んでいるのではないかと考えている
・残業時間の上限を設定している
・時間外手当の上限を設定している
・一定以上の残業を行った場合のみ残業代を支払う
・労働時間の計算が適切に行われていない
・自己申告において適切に申告されていない
・固定残業代を支払っているが実際はそれ以上働いている
・変形労働時間制の誤った運用を行っている
・事業場外みなし労働時間制,裁量労働制の誤った運用を行っている。
・休日労働無視
・振替休日の未消化、代休の誤った運用
・管理監督者問題
・勝手に社員が残業をしている
・残業代を支払うと経営が成り立たなくなるので
・残業代を支払うという概念がない、また、支払う必要がない

次回、10月20日にはこれらがなぜ問題になるのかを明らかにしていきます。

イースリーパートナーズ社労士事務所
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町14‐13丸西ビル4階
tel 072-682-2348 fax 072-682-2349
hp http://www.jinji-roumu.jp
posted by イースリーパートナーズ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。