2008年10月29日

外国人雇用A

社労士のMです。

今回は外国人を雇用される場合に必要な就労が可能な在留資格の確認方法について、お話します。

まず、外国人の方は在留資格により、日本国内で行うことができる活動が定められています。現在、在留資格は27種類あります。
それを就労の可否で分けると次の3種類に分けることができます。

@在留資格に定めれた範囲で就労が認められる在留資格
教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、研究、教育、技術、人文知識・国際業務、企業内転勤、興行、技能
A原則として就労が認められない在留資格
文化活動、短期滞在、留学、就学、研修、家族滞在
B就労活動に制限がない在留資格
永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

ただし、資格外活動の許可を得れば、Aの≪留学≫の在留資格を持って在留する外国人の方については原則として1週28時間まで≪就学≫の在留資格を持って在留する外国人の方は原則として1日4時間まで就労することが可能です。
また≪家族滞在≫の方についても、資格外活動許可を得れば、1日28時間まで就労することが可能になります。

では、在留資格の確認方法ですが
在留資格や在留期間は、外国人登録証明書、パスポート面の上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可証印または就労資格証明書等により確認できます。

上記のそれぞれの見方についてはイースリーパートナーズ社労士事務所までご連絡ください。

外国人雇用は文化や環境も違いますし、なかなか難しい側面もありますが、最近は外国人の雇用を必要とされる企業も多いようです。

先日、フランスのあるブランドのヘアケア用品を購入したのですが、髪には大変よかったのですが香りが強すぎて、1度きりしか使えませんでしたバッド(下向き矢印)海外ブランドの香りは日本人に合わないものも多いです。
こんなことは大したことではないですが一緒に仕事をしていくうえにおいても外国人と日本人との感覚の差は少なからずあると思います。
お互いの文化等を理解して、よい職場環境になるように努力していくのも必要になるのではないでしょうか。
posted by イースリーパートナーズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。