2008年09月22日

労使紛争を露鵬と白露山から見る

仕事がら、労使の紛争に関してよくご相談を受けます。

昔のイメージで行くと、経営者が労働者を酷使していることが容易に思い浮かぶのですが、現在はそうばかりではありません。
「そうばかりでない」というところに事業主にも依然問題がある場合もあります。グッドウィルの折口社長などまさにそうでした。以前、私はテレビか雑誌か覚えていませんが、まだ折口社長がもてはやされて、介護事業に進出された頃に、次のようなことを言われていました。
「介護事業は儲からない仕組みだが、いずれ行政は儲けるように動かざるを得ない」と。すごいことを言われる方だとその頃は感心しておりました。でも最終的には行政ににらまれたかなという感じです。
話を戻すと、最近では労働者側に問題がある例もたくさん存在するということです。
それを一言でいうと、露鵬と白露山みたいな・・・
ファジーな問題に話し合いで白黒つけるのは本当に大変です。


イースリーパートナーズ社労士事務所
posted by イースリーパートナーズ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。