2008年08月04日

社労士と開業

社労士と開業について考えてみます。

開業するときに、事務所はどうするの?営業はどうするの?
ツールはどうするの?こんな具合にいろいろ考えられます。
後になってみれば、大したことではありません。

まず、考え方ですが、「どうなりたいのか」は明確に持つべきです。
一企業や個人事業主と同じように、利益を上げたいのか?
社会に貢献するようボランティア的に活動したいのか?
名声を得たいのか?

「どうなりたいか」を考えることにより、活動は大きく違ってきます。

最初は、どのようにお客様と出会うかというようなことを主に考えます。
次に、どのように継続できるかを考えます。
そして、そのときに「顧客満足」などの視点で、「どのようなことを行えば、
お客様は喜ぶのだろう」と真剣に考えるようになります。

最近別の視点で次のように考えることがあります。

お客様は常にビジネス関係をやめたがっている。
ただ、辞めれない理由があるから、ビジネス関係を継続している。
辞めれない理由とは、どのようなものがあるでしょうか?

・人間関係
・紹介関係(第三者が絡む)
・コスト
・知識
・専門能力
・保険
・サービス内容・価格
・対応のよさ
・地域
・その他(いっぱいあります)

これらは、「顧客のニーズ」や「顧客のウォンツ」と重なっていることが、
おわかりでしょうか?
posted by イースリーパートナーズ at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 労務管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。