2008年07月30日

完全失業率

社労士のMです。

総務省が29日に発表した労働力調査によると6月の完全失業率は4.1%と前月より0.1ポイント悪化しました
悪化の原因は、物価高などを補うために求職した女性が増えたからとみられています。
また、有効求人倍率も前月を下回り、0.91倍になりました

今日はこの完全失業率等の指標となっている労働力調査というものがどういうものかをお話してみたいと思います。

労働力調査というのは、都道府県知事に任命された調査員が調査票を調査世帯に配布・回収する方法により、実施されています。この調査からは上記の≪完全失業率≫のほか≪就業者≫≪完全失業者の数≫等が得られます。
□調査方法
総務省統計局が基本的な計画を立案し、都道府県を通じて実施されます。
各世帯には調査員が訪問し、調査票を配布回収します。
□調査対象
全国の世帯から一部の世帯を統計的な方法によって無作為に抽出されます。
□調査の結果
調査結果のうち、基本集計結果(基礎調査票による調査結果)については、原則として調査月の翌月末に公表し、閣議に報告されます。
詳細集計結果(特定調査票による調査結果)については、原則として四半期ごとの最終調査月の翌々月末に公表されます。

労働力調査の調査対象は無作為に抽出されているようですが、私はまだ調査対象になったことはおそらくないように思います。
どんなものか一度経験してみたいです。
posted by イースリーパートナーズ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 労務管理情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年から県の教員になった者です。
失業率、有効求人倍率、なんのその県職員。山梨県の事務職員は、仕事できないですよ。こんなに大勢の人が要らないんじゃないかと思いますが、その前に、まともに仕事ができません。
昨年4月に赴任して、7月の給与明細の号給が替わっていたので、事務に問い合わせたら「発令通知書が間違っていたので、差し替えをして下さい。4月の発令は間違いでした」と、信じられない。挙句の果て「文句言っても替わるわけじゃないから、早く通知書交換して」と言われました。散々文句言ったら、総務部の人事課の課長補佐が謝りに来ました。
で、今年4月に赴任した教員が、「今年も発令通知差し替えさせられた」と言っていました。毎年、同じ間違いをして、わざわざ謝りに出向いてくれなくていいですよ。謝罪の時間と交通費は、税金だよ。
こんな仕事できない山梨県職員の些細な?事が、いろいろありますが、取材に来て下されば、話しますし、メールもします。中から言っても揉み消すだけで、駄目なんです。
Posted by mnoriko at 2008年08月06日 13:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。