2008年06月25日

食料自給率

社労士のMです。

今ヨーロッパではEUROが開催され、ベスト8の戦いが始まっています。
私はプロ野球が好きなのでJリーグはあまり観ないのですがワールドカップやEUROはよくテレビで観戦します。
学生時代、サッカーサークルのマネージャーをしていたこともあり、サークルの友人と優勝国を予想したりして楽しんでいます。
ただ、EUROは真夜中に放映されているので休みの前日しか試合を観ることができないのですが…

EUROと言えば、ヨーロッパですがヨーロッパはオーストラリアやアメリカに次ぎ食料自給率の高い国が多いそうです。
さて、日本の食料自給率はどれくらいかご存知でしょうか?
日本の食料自給率は39パーセントなんです。
低いとは思っていましたが思った以上に低いのでびっくりしました。
日本人の主食がお米ではなくなり、パンや麺が主食になりつつあるからとか原因はいろいろあるようです

また外国産の飼料を食べて育った家畜は、日本で育てられたものでも自給とはみなされないのですが、外国人の労働力で育った作物は日本の自給率に含まれています。
日本では農業をする人が少なくなっているので外国人を雇用する農家が増えているようです。
日本人のアルバイトならすぐに根あげるような作業でも外国人研修生や技能実習生は長期滞在してくれるので、農家の貴重な助っ人となっているとのこと

最近はいろんな業種で外国人研修生・技能実習生に頼るところも多いのですがその外国人研修生・技能実習生と日本の企業の仲介をする第1次受け入れ団体が企業から研修生等に支払われた給与等を中間詐取する事件も起きています。
受け入れ企業は給与等を支払っているのに研修生等には少ししか収入がないということになります。
日本でいろんな技術を一生懸命勉強し、日本の貴重な労働力となっている外国人にそういうことをするのは大変悪質だと思います。
そういうことが起こらないようにしてほしいものです。
posted by イースリーパートナーズ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。