2008年02月04日

管理監督者と未払い残業代 対策

管理監督者について、マクドナルドやコナカが連日取り上げられています。

特にチェーン展開している飲食店や小売店は至急対策する必要があります。

企業としての方針を明確にして、店長を集めてきちっと対応をとらないと、
問題が深刻化します。

今までどおりでいくか、待遇や取扱いを変えるか、管理監督者からはずすか

そこで一つの疑問が出ます。
訴訟にもありましたとおり管理監督者にふさわしい賃金を貰っていないと。
管理監督者にふさわしい賃金とはどのくらいでしょうか?
企業によって変わるのでしょうか?
たとえば、A企業は管理監督者でない者の年俸が残業代合せて500万円だったとし、
B企業は管理監督者でない者の年俸が合せて400万円でした。
お互い管理監督者が100万円年収が高かったとして、どうなるのでしょうか?
それとも、ホワイトカラーエグゼンプションでは、成立しませんでしたが950万円というラインも管理監督者の下の階層で出ていました。
そういうラインが基準になるのでしょうか?

この金額のラインが一つのポイントです。

イースリーパートナーズ社労士事務所の私は一つの結論を持っています。
posted by イースリーパートナーズ at 08:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理監督者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明確なラインがあればいいですね〜
Posted by かまきり at 2008年02月04日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。