2008年02月26日

偽装請負

社労士のMです。

2006年に請負契約を装いながら実際にはメーカーの正社員が請負社員を指揮する「偽装請負」が新聞等で批判され、多くの大手メーカーが労働局より指導を受けました。
その際に、大手メーカーの多くは摘発を避けるために、請負契約から派遣契約に切り替えました。
製造業の派遣受入期間は最長でも3年です。
派遣契約に切り替えたのが2006年とすると、2009年で同じ業務での派遣受入ができなくなります。
大手メーカーにとっては、大問題で2009年問題と名付けられています。

請負や派遣法に関する改正が今後行われる予定です。
2009年問題の解決となるような改正であればいいのですが…
posted by イースリーパートナーズ at 17:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 派遣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Mさん、久しぶり!Mさんが投稿しない事を08問題と呼ばれています。他の人はいいから、Mさんに毎日ブログを書いてほしいと思います。
Posted by 08問題 at 2008年02月27日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。