2007年12月27日

「調停」及び「あっせん」お疲れ様でした

男女雇用機会均等の調停および配転のあっせんお疲れ様でした。

難しいですね。求める事項から判断すると、
「○○での雇用契約上の義務のないことの確認」ですから、あっせんになるのでは
ないかと考えられますが・・・

多分、行政の中でのやりとりで、雇用機会均等室はあまり実績としてあがらないのに、微妙な内容のものをあっせんにしてしまうと、あとでもめるから、
あっせんとしては取り扱わない。
こんなことでしょうか?

はっきりいうと、雇用機会均等室の調停なんかやめて、あっせん一本にすべきでは
ないでしょうか?

「年末の子猫の手も借りたいぐらい忙しい時に振り回されるのはもうたくさん」
でしょうか?

ちなみに、大阪でのあっせんの受付に対する注意点は下記のものとなります。
また、情報で他府県のものがわかるとうれしいですね。

【申請書の提出を受理しないもの】
1.個別労働関係紛争ではないもの(例:労働組合と事業主の間の紛争、労働者間の紛争)
2.労働者の募集及び採用に関する事項についての紛争
3.男女雇用機会均等法第12条に規定する紛争
4.国家公務員、地方公務員についての紛争(一部例外はある)

【申請書受理後、紛争調整委員会へ委任しないもの(不開始)】
1.裁判において係争中である紛争、確定判決が出されている紛争
2.裁判所の民事調停において手続が進行している又は調停が終了した紛争
3.労働委員会におけるあっせん等他の機関による個別労働紛争解決制度において手続が進行している又は合意が成立し解決した紛争
4.既に委員会によるあっせんを終了した紛争(申請が取り下げられた場合を除く)
5.労働組合と事業主との間で問題として取り上げられている紛争
6.個々の労働者に係る事項のみならず、これを超えて、事業所全体にわたる制度の創設、賃金額の増加等をいわゆる利益闘争
7.紛争の原因となった行為の発生から長期間経過しており、的確なあっせんを行うことが困難である紛争
8.申請人の主張が著しく根拠を欠いていると認められる紛争
9.相手方の社会的信用を低下させることを目的としたり、単なる嫌がらせの目的であっせんの申請をしていると認められる場合
10.紛争当事者間で既に締結された和解契約に基づく義務の履行を不当に免れようとしている場合
11.法令等に基づき書く期間が行政指導等を実施することとされている場合

イースリーパートナーズ社労士事務所
posted by イースリーパートナーズ at 14:09| Comment(1) | TrackBack(0) | あっせん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう少し整った制度であればよいなと感じます。逆に整っていないのであればするべきではないと思います<emoji:feel_down>
Posted by 振り回され子 at 2007年12月28日 09:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。