2006年10月04日

就業規則文例 退職金規程(勤続年数比例型)A

社会保険労務士の深津です

就業規則の文例で退職金規程(勤続年数比例型)についてです。

(支給事由)
第2条 退職金は、従業員が満3年以上勤続し、次の各号の一に該当するときに支給する。
@ 自己の都合により退職するとき
A 休職期間が満了して退職するとき
B 定年退職するとき
C 死亡したとき
D 就業規則第○条に定める解雇されたとき
E 役員に就任するとき

退職金の支給事由についてです。
どういうときに退職金が支給されるのかを規定しておく必要があります。

イースリーパートナーズ社労士事務所
社会保険労務士 深津 敬
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町14-13丸西ビル4階
TEL:072-682-2348
FAX:072-682-2349
e-mail:info@jinji-roumu.jp
URL:http://www.jinji-roumu.jp/
社会保険労務士試験対策講座はこちら
http://www.jinji-roumu.jp/onlinelesson/index.html
posted by イースリーパートナーズ at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業規則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。