2006年08月28日

年金記録相談の特別強化体制について

社会保険労務士の深津です。

平成18年8月21日から12月末まで、社会保険庁では「年金記録相談の特別強化体制」を取ることになりました。
社会保険庁では、国民年金保険料免除等に関する不適正な事務処理で多くの国民を裏切るような形になると共に、加入記録に対する不安を与えました。その不安を和らげるためにも、12月末まで特別強化体制で加入記録に対するバックアップを取られるようです。

(1)年金記録の確認方法(平成18年8月現在)
@〜Eの方法で加入記録を取得することが出来ます。

@58歳に達した方には、58歳到達月の翌々月に、加入している年金制度や期間などを記載した「年金加入記録のお知らせ」を送付しています。「年金加入記録のお知らせ」に記載されていない加入期間がある場合や、記載されている年金加入記録が違っていると思われる場合には「年金加入記録照会票」に記入の上、返送します。返送された年金加入記録照会票について社会保険業務センターが調査した上、記録を訂正することにしています。

A年金支給開始年齢(60歳又は65歳)到達をもって受給権が発生する方には、60歳又は65歳に到達する3ヶ月前に、氏名、生年月日及び年金加入記録等をあらかじめ記載した裁定請求書を送付しています。なお、60歳到達後に受給権が発生する方には、60歳に到達する3ヶ月前に「裁定請求等のご案内」(はがき)を送付しており、また、社会保険庁で管理している年金加入記録のみでは受給資格が確認できない方には、60歳に到達する3ヶ月前に「年金加入期間の確認のご案内」(はがき)を送付しています。

B電話により、ご自分の年金加入記録を照会していただくことが出来ます。「ねんきんダイヤル」(0570−05−1165)にかけていただき、基礎年金番号等により本人確認できた方には、「被保険者記録紹介回答票」を郵送します。その際には、今般の「年金記録相談の特別強化体制」に関するお知らせと、年金加入記録が違っていると思われる場合に社会保険事務所に提出いただく「照会申出書」の様式を併せて本人宛に郵送されます。

Cインターネット(ID・パスワード認証方式)により、ご自分の年金加入記録を照会することが出来ます。基礎年金番号がおわかりの方はインターネットで年金加入記録の提供についてお申し込みいただくと、申込内容と社会保険庁が基礎年金番号を管理する記録による本人確認を行った後、ユーザーID・パスワードをご本人宛に郵送しますので、その後はいつでもインターネットでご自分の記録が確認できます。

D電子申請により、ご自分の年金加入記録を照会することができます。基礎年金番号がおわかりの方は公的個人認証サービス等の電子証明書を取得した上で、インターネットから電子申請で年金加入記録の提供についてお申込いただくと、電子文書により結果が知らされます。

E社会保険事務所への来訪によっても、ご自分の年金加入記録を照会することが出来ます。ただし、来訪前にできるだけ年金加入記録を上記@からDの方法で取得され確認される方が良いと思います。その上で来訪の際には、年金手帳、照会申出書、年金加入記録が間違っていると思われる期間の状況がわかる資料を持っていかれるとよいと思います。

(2)記録について疑問がある場合は社会保険事務所へ
年金加入記録を取得した後、記録について疑問がある場合は、社会保険事務所への来訪による相談を受けてください。その時の必要書類は(1)のEで説明したものです。

@年金加入記録が間違っていると思われる場合には、違っていると思われる期間の状況がわかる資料と照会申出書に必要事項を記載して社会保険事務所に提出します。

A資料と本人からの聞き取りを踏まえ、調査を行い、確認をします。

B社会保険事務所は回答を後日本人宛に郵送します。

(3)年金記録審査チーム
記録の有無等について社会保険事務所が調査・確認した後にも、本人の申立てにより、社会保険庁本庁において記録訂正の要否について判断を行います。
今までは、記録の訂正の要否について確認するため、保険料を納付したことを証明する領収書の提出を求めていましたが、今回は領収書に限らず、状況が記載された資料を提出されれば、社会保険庁本庁の審査チームが徹底的に事実関係の調査を行い判断されます。

@記録が違っていると主張されることを記載した「記録の申立書」と、保険料納付に関する資料(例えば当時の預金通帳など)を提出します。

A社会保険事務所は、主張に基づき「申立ての概要」を作成します。

B社会保険事務所は記録の申立書と申立ての概要を社会保険庁に送付します。

C社会保険庁の審査チームにおいて、申立て案件について記録訂正の要否の判断をします。

D判断結果について、本庁から社会保険事務所へ通知します。

E社会保険事務所長は、記録訂正の要否について本人宛に郵送します。

記録を入力する作業は手作業でありますので、間違いが無いとは絶対にいえません。従いまして、加入記録を是非お調べになり、疑義がある場合はこの期間に確認されることをお勧めする次第です。


イースリーパートナーズ社労士事務所
社会保険労務士 深津 敬
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町14-13丸西ビル4階
TEL:072-682-2348
FAX:072-682-2349
e-mail:info@jinji-roumu.jp
URL:http://www.jinji-roumu.jp/
posted by イースリーパートナーズ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 定年退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。