2006年07月01日

算定基礎届け パート

社会保険労務士の深津です。

算定基礎届のパートさんで注意事項等をご説明します。
なお、この内容は毎日必要と考えられることから、6月27日から7月10日まで同じ内容を届けることにします。

平成18年の算定基礎届から、支払基礎日数が20日から17日に変わりました。
月給者についてはそんなに問題ありませんが、パートタイマー等短時間就労者の場合は注意が必要です。

以下に、パートタイマー等のパターンを例示しますので、ご確認ください。

支払基礎日数

(1)3ヶ月とも17日以上ある場合→3ヶ月の報酬月額の平均額により算出

(2)1ヶ月でも17日以上ある場合→17日以上の報酬月額の平均額により算出

(3)3ヶ月とも15日以上17日未満→3ヶ月の報酬月額の平均額により算出

(4)1ヶ月または2ヶ月は15日以上17日未満の場合((2)の場合除く)→
   15日以上17日未満の月の平均額により算出

(5)3ヶ月とも15日未満の場合→従前の標準報酬月額で決定

例えば、(2)の例では、4月が17日勤務、5月が16日勤務、6月が15日勤務の場合、例年ですと4月、5月、6月の報酬月額の平均を取っていましたが、平成18年の算定基礎届けは、4月の報酬月額のみになるということです。


社会保険労務士 深津 敬
〒569-0803
大阪府高槻市高槻町14-13丸西ビル4階
TEL:072-682-2348
FAX:072-682-2349
e-mail:info@jinji-roumu.jp
URL:http://www.jinji-roumu.jp/
posted by イースリーパートナーズ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。